自宅が古くなってきたなら外壁塗装の時期!

メンテナンスまで意識

庭

職人にもこだわる

外構工事の要望は岡山でも十人十色で、同様に、造園業者と一括りにしても職人の技術の格差は否めないため、造園協力会などで教育を受けた職人を岡山の地で選ぶことが肝心です。岡山で新築を計画している場合、外構や庭の相談や業者への依頼は、新築計画と同じ時期に行うことによって、建物の配置や予算配分の変更で後悔せず、アプローチの取り方や樹木の場所などのバランスまでが考慮できます。造園を業者に依頼する際、工事後の保証の有無は確認事項で、例えば、植物に枯れ補償がついていることは、ガーデニングなどを目的とした庭が欲しい場合には重要です。造園を得意とする職人は、植物の種類別のメンテナンス方法も熟知し、気軽に教えてくれる他、剪定などのメンテナンスも依頼できるのか、事前に問い合わせしたい内容です。造園業者に依頼するメリットはデザイン性だけではなく、不審者への防犯対策にも利用できる点で、全体に敷く化粧砂利で敷地内に侵入する足音をチェックできたり、植栽フェンスで目隠しを造ることも可能です。また、果樹園なども多い岡山の地では、新築にパーゴラを採用するパターンも少なくはなく、ツル状の植物を絡ませるなど、プライバシーを守る造り方も展開できます。こうした場合も含め、リサイクル建材や素材などが用いられるため、耐久性・耐水性・加工性など、安心できる物の選択を求めることで、長持ちさせたり、手入れでも楽ができる魅力に繋がります。