自宅が古くなってきたなら外壁塗装の時期!

建物の価値をアップ

家族

塗装が必要となる理由

塗装の目的といえば外観の維持、塗装対象物の保護そして機能性の付加価値をつける等大きく分けて三つある。 やはり鮮やかな色で見栄えをよくすることが最も主目的に思えるが必ずしもそうではない。 対象物を雨や紫外線による外的要因から守ることにより、腐食などの進行を食い止める。特に継年的に繰り返し塗装を行うことで、対象物の経年劣化具合に大きく差が出る。機械のメンテナンスや人間の健康管理と一緒で積み重ねで延命が見込める。 その他塗料の種類により汚れがつきにくいものや、防水塗料及び省エネ遮熱効果が見込めるものもある。 塗装の種類は、環境や条件等を充分考慮して選定される必要があるが、その中でも施工方法については最重要視されるべき項目であるといえる。

具体的な施工方法の例

塗装にはまず塗装下地材のプライマーやシーラーを使用する。下地材を使用する目的は塗膜の附着をよくする為で、金属部施工であれば錆止めの目的を持つ。そして本来の塗料を薄く塗り乾燥させる。その作業を数回繰り返すことで強い塗装を施すことができる。 塗装を塗るには刷毛やローラーを用いる。塗装してはいけない箇所にはマスキングテープやシーリングテープで目張りをして塗料が附着しないように注意する。塗料が固い場合はシンナーを用いて希釈することで施工しやすくなるが、液垂れが起こりやすくなる。塗料の保管は長期間使用しない場合は完全密閉し火気厳禁の冷暗所で保管する。使用後の刷毛をそのまま放置すると次回使う際にカチコチに固まってしまうため洗浄シンナーを使い塗料を落とすことを忘れない。